那須連山・朝日岳&三本槍岳

6/25 登山口の峰の茶屋駐車場から。

樹林帯で見たイワカガミ。濃いピンクが鮮やか。

同じイワカガミでも白色に近いものも。

アカモノ

登攀意欲をそそる朝日岳東南稜。一昨年の1月に登ったルート。今の時期はどうなのかな?

朝日岳への登路。恵比寿大黒岩を過ぎて鎖場へ。

1896mの山頂

朝日岳山頂から眼下を望む。荒々しい登山道と茶臼岳。

朝日岳から三本槍岳への縦走路。背後の山が三本槍岳。

清水平にて。木道が崩壊していた。

那須連峰最高峰にて。一気に若返ってしまった(?!)。

2017年6月26日 at 11:23 pm コメントをどうぞ

吾妻連峰一切経山へ

6/24梅雨の晴れ間。浄土平と吾妻小富士。(1707m)

一切経山の登路から。東吾妻山(1975m )、鎌沼、酸ヶ平

山頂(1948m)

山頂から眼下にたたずむ吾妻の瞳と呼ばれる五色沼を見下ろす。

浄土平周辺はワタスゲの群生が見事。

2017年6月26日 at 11:00 pm コメントをどうぞ

石転び沢、北股沢から北股岳へ

6/7に続きやってきた。6/18の石転び沢出合。

黒滝直下から北股沢へ。北股岳ダイレクトのラインもあったが上部の雪庇やクラックが目視できたので右のラインを狙う。

石転び沢の上部、梅花皮小屋と梅花皮岳を見る

傾斜も落ちてきた。稜線まで僅か。

お疲れ様でした。2024.9mの北股岳にて。

雪上歩行技術の確認。ナインオクロック歩行

やや斜登ぎみ、ダイアゴナル歩行

雲に浮かぶ蔵王連峰

ここから梅花皮沢へ。6/7より崩壊が進む雪渓の状態。

出会った花・・・オオバキスミレ

山頂付近のハクサンイチゲ

ミツバツチクリ (?)

サンカヨウ

ユキザサ

ホウチャクソウ

カタクリ。稜線直下、遅い春がきた。

2017年6月19日 at 6:25 pm コメントをどうぞ

五頭山小倉沢へ

来月に笛吹川(秩父)の沢登りを予定しているゲストの足慣らしで入る。入渓点

ハイライトのCSは水量も多く全身ずぶ濡れ。

殆どがこの程度の小滝。全部登る。

文字どおりシャワークライミングを楽しむ。

最後のハゲ滝(15m)。ここまで来るとチョロチョロの水。

「水場」で登山道に飛び出す。お疲れ様でした。

2017年6月15日 at 7:48 pm コメントをどうぞ

尾瀬・大江湿原を歩く

6/11 雪解け遅い尾瀬へ。花も疎らだった。

それでも水芭蕉が迎えている。

水芭蕉とリュウキンカ

尾瀬沼と燧ケ岳

天気にも恵まれて!

ブナ平。見事な原生林を望む。

2017年6月13日 at 7:01 am コメントをどうぞ

ナイフエッジの戸隠山縦走!

6/10 戸隠山(1904m)最大の難所・蟻の塔渡。幅20㎝、長さ30m。両側は鋭く切れ落ちている。

八方睨手前の15mの岩場(胸突岩)を直登する

戸隠山の頂き

3等三角点の九頭龍山。標石はない。

大きな花弁のシラネアオイの縦走路

一不動避難小屋

沢沿いの道を戸隠牧場へ下山。帯岩のトラバース。ビレーをとりながら。

最後の鎖場。雨と雪渓の雪解け水で沢登りです。

2017年6月12日 at 9:53 am コメントをどうぞ

アイゼンの破損・ご注意を!

6/7、飯豊連峰北股沢を下山中、ゲストのアイゼンの樹脂製ハーネスが真っ二つに壊れる。ロープで確保していたのでスリップしなかったが。私は初めて見ました。

アイゼンバンドで何とか固定したが・・・・。皆さん、こんな経験があればお知らせ下さい。

石転び沢から北股岳登頂とロープワークの実践訓練が目的でした。石転び沢の全容。

北股沢から草付付近までのトレーニング。

梅花皮小屋にて(バックは北股岳)。稜線の残雪はかなり少なくなった。

北股岳(2024m)山頂の鳥居の前。

梅花皮岳、烏帽子岳、そして遠く飯豊本山を望む。

石転び沢の最大のクラック (2~3m )

数年前崩壊した石転び沢出合までの一部登山道も落ち着いていた。今年は残雪多く、いわすげの沢出合付近から雪渓歩きだった。

2017年6月8日 at 3:38 pm コメントをどうぞ

過去の投稿


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 225,920 hits