石転び雪渓を登る

2011年6月13日 at 7:24 am コメントをどうぞ


6/11(土)石転び雪渓をガイドした。天気が心配だったが、午前中に小雨が降ったりした程度であり問題なく登ることができた。雪渓の状態もよかった。量も昨年より多く、例年ならば出合から少し登った所に出ている岩場(休憩ポイント)が見えない。
当初の予定は5/28と29の2回だったが、飯豊山荘までの町道の開通が遅れたため今回だけの登山になった。
登山口から出合まで約4㎞近い登山道は全くの夏道。但し、出合の手前300メートルくらいは雪渓におりる。梅花皮沢の手前から雪渓歩き。
ところどころ割れてはいるが問題はない。出合から稜線までは写真のとおり。小さな岩が落ちているが登山に支障なく登ることができる。
2時間あまりで草付き直下。傾斜が一段ときつくなる。直登がつらくなったら斜登で右に左に。アイゼンワークとピッケルワークの実践的講習も兼ねながら丁寧に登る。何度がガスが出て視界10メートル程度の時もあったが12時半頃からは一気に青空が広がった。ゆっくり昼食・休憩をとり、写真も撮って下山した。樋口様、お疲れさまでした。コーヒーごちそうさまでした。美味かったです。

タイムは次のとおり。7時出発。9時半石転び出合。12時15分梅花皮(かいらぎ)小屋。13時20分下山。出合14時30分。16時40分登山口(飯豊山荘)・解散。なお、出合付近で下山してきた御西小屋の主人である松葉さんに会った。3日前から荷揚げで入山していたとのこと。ご苦労様です。(小屋明けは7月1日です)

広告

Entry filed under: 登山.

クライミング講習会 御前ケ遊窟登る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 244,843 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。