御前ケ遊窟登る

2011年6月15日 at 10:48 am コメントをどうぞ

6/12(日)、私の故郷の猪苗代山岳会のメンバー4名と登った。
私以外は初めて。御神楽岳は知っているが遊窟は知らないというので今回の山行になった。
シジミ沢出合に着いたら、シジミ沢は雪渓があったので止めたという東京の登山者2名が下山してきた。
え、ホント、登れない程(?)。一抹の不安。
アイゼンはないし・・・・・。藪こぎなんかつまらないし・・・・ダイレクトに登りたいし・・・・
ガレ場を過ぎるとびっしりの雪渓。これかこれかとよく見ると100メートル足らず。真ん中は割れていたが両端側は結構しっかりしている。スプーンカットが実に歩きやすい。傾斜もあまりない。心配することなく雪渓を登りきり遊窟に向かって壁を一直線に登った。
終始、私がリードした。50メートル一杯でピッチを切りながら。最後の2ピッチは補助ザイルも使って70メートルのピッチで登った。
岩は殆ど乾いており問題なし。薄曇りの中、山頂に立ち、故郷の山「会津磐梯山」を探したが見えず残念残念。まぁ、飯豊連峰で我慢してソウケイ新道を下山した。みなさんお疲れさまでした。20日飲みに行きます。
タイムは次のとおり。8時登山開始(駐車場)。9時半シジミ沢出合。10時出合発。13時10分遊窟。13時20分山頂。14時20分下山開始。
17時05分駐車場。

広告

Entry filed under: 登山.

石転び雪渓を登る 岩登り講習会・無事終了

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 230,060 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。