雪崩の競演・磐梯山東壁!

2012年3月20日 at 10:47 pm コメントをどうぞ

3/20(火・春分の日)磐梯山(1819m)東壁ダイレクトルンゼのガイドでしたが、ここ2~3日にゆるんだせいでしょうか、ごらんのとおり取付き付近一帯は雪崩の跡(デブリ)。かなり硬いデブリ。そんなに大きな雪崩ではないのですが、クラスト状の雪面には昨日からの新雪が15センチほど降っていました。ルンゼにはまだ雪が結構残っており、かつ、山頂付近の雪庇も濃いガスのため確認できなかったので断念しノーマルルートを登りました。ルートはこの写真の中央のルンゼ(雪壁)です。ルンゼというよりクーロワールという感じでしょうか。昨年より雪が多いですね。

1630m付近の弘法清水小屋のようす。

12時30分登頂。山頂での記念写真。山頂付近の視界は10mくらい。微風。視界は悪かったのですが風も弱く、少し下山すれば視界も徐々に拓けると判断して東尾根を下山しましたが雪が多く懸垂下降を3回やって下山しました。みなさんご苦労さまでした。お疲れさまでした。

次の日曜日(25日)は火口壁の壁を登りに来るよと磐梯山に別れを告げて下山しました。

広告

Entry filed under: 登山.

大切なのは勇気と情熱!阿弥陀岳・北稜からの風景 春遅し角田山

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 251,276 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。