晩秋の粟が岳

2012年11月11日 at 9:18 pm コメントをどうぞ

 

11/10(土)粟が岳(1293m)に登った。時折、パラツク雨音に耳を傾けながら。遅い紅葉は標高800m付近まで充分楽しめた。登山口の第2貯水池。

 

3合目の第一ベンチを過ぎたところ。ブナやもみじ、カエデ、ナナカマドの鮮やかな紅葉の中を歩く。溶け込んでいく。

 

 

よく整備された登山道。アルミの梯子が何カ所も出てくる。スリップしないように。

 

約1時間50分で粟が岳ヒュッテ(避難小屋)。標高約1050m。濃いガスの中で迎えてくれた。20分休憩し山頂へ。

 

ヒュッテから20分(北峰の手前)ほどで権ノ神岳の分岐にでる。権ノ神岳への道はヤブこぎとなるので通行不可の看板が。

 

ガスの中の山頂。約3時間の登り。心配したほど雨も降らずラッキーでした。結構暖かかったですよ(風もなかったから)。ヒュッテで美味しいラーメンを食べ、本格的コーヒーを味わって晩秋の静かな粟が岳に別れを告げました。いやー、こういう登山もいいもんだね。

広告

Entry filed under: 登山.

米山登りました! ラッセルと吹雪の西穂高でした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 229,768 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。