ラッセルと吹雪の西穂高でした!

2012年11月19日 at 12:37 pm コメントをどうぞ

  11/17(土)~18(日)は登山塾で西穂高(2908m)挑戦しました。冬の北アルプス入門ということでしたが・・・・・・・。ごらんのとおり腰から胸までのラッセルです。丸山(2452m)付近の写真です。この時期の稜線にこれだけの積雪があるとは。ラッセル、ラッセル、ラッセルです。一気に積もったので全然締まっていません。はえ松にひっかかって足を抜くもの大変でした。ラッセル訓練に西穂高に来るとは・・・・・トホホ。   そのうえ、丸山を過ぎてからは風が一段と強くなり、ごらんのとおり視界も10m足らず。さてさて、どこまで登ることができるやら・・・・・・・。   もう限界ですね。独標(2701m)手前で断念。急斜面の雪はサラサラと崩れだす始末。気温もかなり下がりました。マイナス15度。強風のせいで一気に低下したようです(出発時の小屋の外の寒暖計がマイナス4度)。出発してから3時間半近く強風にやられました。お蔭様で顔のあちこちが赤くなったり黒くなったり・・・・・。吹雪との闘いの跡がしっかり顔に残りましたね。丁寧にしっかりケアをして下さい。   下山時の一枚。   西穂山荘(2350m)の前にある 道標(身長約1m)もやっと顔を出す程度。山荘の話しでは「11/15から降った雪です。風も弱かったので稜線にも積もっていますよ。」とのことでした。全て納得です。「強風の中の登山、いい経験になった。装備のチェックや休憩のとり方など勉強になった」と満足(?)の声をいただきました。本当にお疲れさまでした。ご苦労さまでした。来週は後半組です。今度はお天気を期待しましょう。

広告

Entry filed under: 登山.

晩秋の粟が岳 二王子岳テント泊体験

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 240,555 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。