阿弥陀岳北稜と北西稜へ

2013年2月13日 at 12:03 pm コメントをどうぞ

あみだ 002   2/12は阿弥陀北稜と北西稜へ。写真左の岩稜(正面に見える)が北稜、右の岩稜が北西稜。行者小屋近くで撮った一枚。 あみだ 001   北稜JPからみた上部岩壁帯。樹林帯は足がとられるなどして登りにくかったが、ここから上部は快適だった。 阿弥陀 006   ビレーボイントはペツルのボルトがしっかりと打ってある。1ピッチ目。 阿弥陀 010   北稜のハイライトのナイフリッヂ。結構な高度感。背後には大同心や小同心が手にとるように。風も穏やかだったので、こんな感じでいることができたのだが。 阿弥陀 011     最後の雪壁の登り。 阿弥陀 021   北稜を2時間半かからず登ったので北西稜へ。最後のピッチ付近からみたところ。 阿弥陀 019   北西稜7ピッチの凹角を懸垂下降し、登り返したところ。ここの登りがおもしろい。今年から使用しているミレーのダパァイという冬靴(赤い靴)。フィット感は抜群だが私には保温性が足りない。年齢とともに寒さに弱くなってきたのだろうね。 阿弥陀 018 私です。アップ何するものゾ!それにしても顔が黒い。逆光で撮った写真と同じ(笑い)。バックは赤岳。

阿弥陀 028   最後はやっぱり富士山でしょう。阿弥陀岳山頂からみたところ。少し雲がかかり始めようとしている。天気はゆっくり下り坂。風も少し出てきたので中岳のコルから一気に下山した。

広告

Entry filed under: 登山.

冬山救助訓練で福島へ 雪洞バッチリできました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 251,433 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。