快晴の会津駒ケ岳

2013年5月16日 at 9:14 am コメントをどうぞ

会津 011

 

5/15(水)は会津駒ケ岳(2132m)へ。8時過ぎにこの階段からスタート。続く急登にあえぎながら・・・・。雲ひとつない絶好のお天気。

会津 001

 

約30分登ったところで。登山道に残雪はない。「あと4㎞だってさ」。

会津 002

 

ブナ林にかわってシラビソやダケカンバの樹林を登ってくると燧ケ岳(2356m)がみえてくる。残雪がたっぷりある。

会津 003

 

小屋も近いぞ。シラビソの樹林もまばらになるころ。1800~1900m。

会津 004

 

あと一息で駒ノ小屋。燧を真ん中に従えて。

会津 009

 

11時20分、駒ノ小屋に到着(標高2060m付近)。この日は休業していたが、裏にあるトイレは使用可能でした。少し休んで山頂へ。

会津 007

 

ちょっと失礼して記念写真を。燧ケ岳と至仏山(2226m)をバックに。

会津 008少し分かりにくいでしょうが、左の平らな山が平ケ岳(2139m)。右には越後駒ケ岳2003m)から中の岳(その左の山・2085m)。

会津駒 001

 

おっと忘れていました。小屋の手前から見た会津駒ケ岳の山頂。やや右側の少し高いところ。おたやかな山容は私にぴったりです。

会津駒 002

 

荒海山、田代山、オオバグサの群落で知られている帝釈山(たいしゃくさん)など福島・栃木の県境の山々を眼前にしながら下山する。お疲れさまでした。

 

 

広告

Entry filed under: 登山.

アイゼン、ピッケルの使い方講習会より 鳥海山を滑る!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 229,768 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。