尾瀬・燧ケ岳を滑る!

2013年5月23日 at 11:46 am コメントをどうぞ

燧 002御池の駐車場。私たち以外に8台の車。

燧 006 広沢田代(1750m付近)に出る。暑い、暑い。

燧 007 広沢田代を越えたら木道が出ていた。背後の山は会津駒ケ岳。

燧 040  熊沢田代(1950m付近)から見た燧ケ岳。雪解けが急ピッチで進んでいる。けっこう木道が出ている。

燧 011 熊沢田代を越えて。背後の会津駒ケ岳が全容を見せる。

燧 014 お疲れさまです。もうすぐ俎(まないた)グラ。

燧燧ケ岳(2356m)は猫の耳のように二つのピークをもつ双耳峰(そうじほう)である。写真は2346mの俎グラ(柴安グラ)から見たところ。

xau 山頂のある柴安グラは急斜面の雪壁の登り。

燧 027燧ケ岳山頂(柴安グラ)にて。左奥は至仏山。

原山頂から見た至仏山と尾瀬ケ原。

燧 026山頂から見た尾瀬沼

燧 038 山スキー3年目のMさん。すっかり腕をあげましたね。

燧 044またまた私の滑っている写真ありません。速すぎて撮れません(笑・?)。次は宜しくです。とは言え、山スキーのシーズンも終わりに近づきましたね。

広告

Entry filed under: 登山.

読図・コンパスの使い方実践編・第2弾 五頭山小倉沢から!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 229,762 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。