五頭山小倉沢から!

2013年6月1日 at 10:53 pm コメントをどうぞ

沢 001

6/1小倉沢を遡行した。単独。水量は多くないが水は冷たかった。入渓して30分足らずで大岩にでる。でかい流木がひっかかっていたので簡単に登ることができる。たいして濡れることもない。

沢 002

土砂が滝を埋めているところ。滝が完璧に消えてしまった。こんなところが3箇所あった。

沢 003

3階の滝を越えたところで雪渓が出てきた。沢 004

中をのぞくと・・・・・。雪渓の上を歩くこともできるが・・・。水量もすくないので中を歩く。気持ちいいもんじゃないが・・・・。15mくらい。

沢 005

お気に入りのバイルを入れて記念の写真です。

沢 006

水が少ないところはこんな感じです。

沢 007

水が多いところでもこの程度。直登するのも結構楽しくルンルン気分で。

沢 008

唯一登ることができなかった滝。左から巻いた。暑くなったら頭から水をかぶりながら直登してみよう。

小倉沢 001源頭部近くになると沢は土砂に埋まっている感じ。歩きにくい。

小倉沢 002

上部にはこんなかわいい雪渓が残っていた。水が冷たいのも頷ける。昨年同時期より冷たい(雪渓も多いが)。

小倉沢 003

終了点。通称、龍神清水(水場)と言われるいるところ。よく踏まれた道をちょっと歩くと菱ケ岳と五頭山の縦走路にでる。

小倉沢 004

縦走路には龍神清水の看板が立っている。約2時間10分(休憩なし)で縦走路にでた。お疲れさまでした。

広告

Entry filed under: 登山.

尾瀬・燧ケ岳を滑る! クライミング教室始まる!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 251,433 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。