濡れた壁はハラハラ・ドキドキ

2013年6月16日 at 10:47 pm コメントをどうぞ

谷川 013

6/16(日)谷川岳南稜に行きました。出合の写真。午前中はなんとか天気がもってくれた。

谷川 012

テールリッヂの左が鏡のように光っている。烏帽子スラブ。雪渓ではありません。けっこう濡れています。カンテルートはなんとかなるのではと考えて登り始める。テールリッヂ付近では登攀を諦めて下山した人々(10人くらい)とすれ違う。7~8時ころは霧雨で岩はスベリますよ。

谷川 002

滝沢スラブの上部。濃いガスのなか。全体的に濡れていていますね。

谷川 003

烏帽子スラブの上部。雨水がしたたり落ちておりツルツル。ザイルを出して慎重にトラパース。

谷川 004

南稜1ピッチ終了点にて。チムニーや草つきのところは充分に濡れており本当にいやらしい。

谷川 005

さぁガンバ!2ピッチ終わります。谷川 006

6ルンゼをラッペルしているところ。ザイルはすっかり水分を含んでおり革の手袋はグジャグジャ。ザイル回収が一苦労でした。

谷川 008

12時40分ころ、3ルンゼ上部付近からプロックの崩壊。ガスの中だったので何処から落ちたのかは不明だが。爆音がこだまする。

谷川 009

少しアップしました。あわててカメラを出したのでこんな程度の写真になりましたが。大きな崩落でした。この日、岩に取りついたのは私たち以外には1パーティ3人(中央稜・2ピッチまで)のみ。コンディションとしては悪かったです。次回に期待しましょう。お疲れさまでした。(出合7時30分。登攀開始9時。終了点11時30分。出合2時35分。土合駐車場3時25分)

広告

Entry filed under: 登山.

飯豊・石転び沢,門内沢での雪上講習終了する 登山塾・谷川岳南稜は残業でしたが・・・楽しかったぞ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 230,387 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。