谷川岳衝立岩中央稜から

2013年7月17日 at 9:05 pm コメントをどうぞ

懸垂

 

7/16(火)やっと乾いた壁を登りました。中央稜をガイド。6月から4度目の一の倉沢。平日だったので誰もいませんでした。お天気に恵まれ楽しい時間でした。

中央稜 004

 

壁に張りつく「ダイモンジソウ」。感激です。すごいもんですね。中央稜 010

4ピッチのフェース。中央稜の核心部になるのでしょうね。ゲストは普段からクライミングをバリバリやっているので周りの景色を見る余裕を持ちながら登ってきました。

中央稜 003

 

5ピッチ。乾いた壁をどんどん登る。本谷の雪渓が真下に。高度感最高です。

中央稜 002

 

5ピッチを終えると草つきの階段状のルート。浮いた岩がゴロゴロしていた。

中央稜 012

 

3スラ。プロックもありません。安心してトライできるようになりました。来月に予定しています。あまり暑くならないように。中央稜 013

一の倉沢の出合。雪渓もかなり小さくなりました。約2週間前(6/30)には見えなかったトンネル。これからは雪渓歩きにも注意が必要です。お疲れさまでした。

 

 

広告

Entry filed under: 登山.

登山塾・雨中の小倉沢へ! 雨の劔岳源次郎尾根!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 230,474 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。