岩壁への熱き思いを持って!

2013年8月13日 at 7:19 am コメントをどうぞ

南稜 014

 

8/11(日)谷川岳南稜へ。2年前からクライミングを始めた方とともに。古希を過ぎて益々パワフルになったようだ。馬の背リッジからみた一の倉沢のようす。雪渓はこんな感じに残っています。昨年より多いかな?。すさがに出合には雪渓はありませんが、一の沢を過ぎた付近から出てきます。

南稜 037

 

テールリッジまで雪渓の上を歩くことはできませんでした。ここから右岸を登ります。踏み跡は明瞭。

ヒョングリの滝へ

 

ヒョングリの滝(この時期は雪渓の下ですが)へラッペルで。

南稜 005

 

 

ようやくテールリッジが眼前に。ここからは雪渓を歩いて取りつきます。雪渓はしっかりしていました。

南稜 011

 

2ピッチ。本チャンは初めてとは思えない程、身体がよく動いていますね。余裕・余裕とか。普段のトレーニングの成果でしょう。

南稜 018

 

最終ピッチを登る。後続は、途中で先行させていただいた1パーティ(2名)のみ。薄曇りのなか快適なクライミングが続く。

最後の

最後のフェースを登る私です。一枚撮っていただきました。

南稜 015

 

最後のフェースにて。ハーケンとハクサンオミナエシ(白山女郎花)でしょうか(?)図鑑で調べてみましたが自信がありません。誰か教えてください。しかし凄いね。こんなところに咲いているなんて。新潟発3時30分。7時出合。9時南稜テラス。9時20分登攀開始。11時40分終了。12時ラッペル。14時50分出合。

それにしても年齢を全く感じさせない方です。聞けば、山に入らないときは近くのジムで汗を流し、数年前に退職した会社の後輩を山に連れ出して鍛えてやっている(笑い)とか。谷川岳で岩登りをしたかったという思いをとうとう実現させました。さて、次なる目標は!

 

 

広告

Entry filed under: 登山.

雨の劔岳源次郎尾根! 登山塾・白毛門沢へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 244,843 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。