守門岳大岳コウクルミ沢源頭部を滑る

2014年3月20日 at 9:50 am コメントをどうぞ

守門 0093/19(水)BCで守門岳・大岳へ。風も弱く、ときおり陽がさすお天気。保久礼小屋手前から見た大岳(1432m)。正面の「だんご山・奥に見えるピーク」が大岳。最初に大岳に向かって右のコウクルミ沢源頭部を滑り、一端登り返してキビタキ避難小屋付近のブナ樹林帯に入り、ラストは樹林帯をぬけて写真正面の樹林帯がきれた左の斜面へと。3人のゲストとともに。

守門 017大岳山頂付近からみた守門岳本峰(1537m)。

守門 012キビタキ避難小屋付近のブナの樹林帯。

守門 011保久礼小屋付近の積雪状況。たっぷりと雪がある。中津又岳から母川へ滑り込むのも全く問題ない。この付近の母川も川床は出ていない。雪質さえ問わなければ充分にBCは楽しめる。

守門 026今回使用した板は1m足らずのスキーベンチャー(スイス・STC)。ショートなので重い雪でも小回りは効くが、安定性(バランス)は悪くスピードも出ない。しかし、悪いバランスは腕でカバーすれば、どこでも滑走可能だし、それなりに楽しい板である。近く動画をアップ予定(ゲストに撮っていただいた)。滑りが酷かったらアップしません(笑い)。駐車場にて(ここまで車は入れます)。

広告

Entry filed under: 登山.

強風の赤岳主稜! 強烈な北風、唐松岳山頂踏めず!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 244,843 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。