五頭山小倉沢を滑る!

2014年3月25日 at 3:45 pm コメントをどうぞ

小倉沢 0063/25(火)五頭山小倉沢を滑る。前峰から源頭部へ。シュプール、分かりますか?

小倉沢 007

水場付近からみた小倉沢。

小倉沢 012

ふり返って一枚。この辺はルンルンでしたが・・・・・。

小倉沢 015滑り始めて数分で出戸ノ朴木沢の出会。満足に滑ることができたのはここまで。彼岸過ぎはこんなもんだ。ここからが苦労しました。

小倉沢 020沢の右岸を下山する。最初に二の峰沢、次に大杉沢を越え(雪の斜面のトラバース)、一端、小倉沢に出る。今度は左岸の尾根(名前?)に取り付き下降する。小倉沢に出る。化物沢を過ぎたところ。ここから数分間、沢を徒渉したが水が非常に冷たい。スキー靴は冷水で満杯(笑い)となる。

小倉沢 021布引ノ滝の上。右岸に梯子が見える。徒渉はここまで。ここから右岸沿いの道を歩くこと5分程度でどんぐりの森にでた。登山開始10時、滑走開始11時45分、出戸ノ朴木沢12時(10分休憩)、どんぐりの森13時30分。板はスキーベンチャー。

小倉沢 019マンサクの花。早春の便りです。この時期、低山は尾根を滑るのが安全ですが・・・。来週も沢を滑ってみましょう。

小倉沢 011

デジタルの面白さですね。

 

 

広告

Entry filed under: 登山.

強烈な北風、唐松岳山頂踏めず! 雪上講習会報告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 240,555 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。