急峻な尾根を歩き飯士山へ

2014年4月14日 at 6:39 am コメントをどうぞ

飯士山 0114/12~13 湯沢町の飯士山(いいじさん・1111m)へ。唯一開発から残った西面のルートから(神弁橋~標尾ノ頭~鋸尾根~南峰~山頂~南峰~立柄山~神弁橋付近)。ルートの核心部であるヤセ尾根の岩場。急峻なアップダウンの連続が「面白い」。左のピークが山頂、右のピークが南峰(テント場になる)。

飯士山 006重荷にあえぎながら雪庇が崩壊した鋸尾根を右へ左へとルートを選定しながら登る。南峰(奥の右のピーク)は遥か先。

飯士山 013予想以上に少雪でテント場に苦労する。尾根の雪を切り取って。玄関を開けると谷川連峰が見える(笑い)。

飯士山 020夜の情景。オレンジ色に光る高速道路はくねりながら谷川連峰に吸い込まれていく。

飯士山 032無風快晴の下、山頂にめざす。右側に発達した雪庇に注意しながら。

飯士山 041

山頂にて。眼下に広がる湯沢町と苗場山方面。手前の尾根が鋸尾根。

飯士山 001

登山口飯士山 052                         ヤセ尾根の下山。立柄山へ。

飯士山 054                                        立柄山山頂手前から右の沢へ。ゴール手前で割れていた。

飯士山 058                                       堰堤を越え鉄柱の橋を渡り下山完了。お疲れさまでした。

広告

Entry filed under: 登山.

クライミングとハイキング 巻機山井戸尾根を滑る!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 240,555 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。