初秋の大源太山を登る

2014年9月1日 at 10:51 am コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA「上越のマッターホルン」と言われているだけの岩山。形がいい。標高は1598m。高さは問題ではない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

北沢・ムラキ沢出合から本格的にスタート。沢の徒渉は注意。弥助尾根の支稜(結構な傾斜)を直線的に登ること約1時間ちょっとで山頂が見える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA弥助尾根に入るとグングン高度を稼ぐ。眼下は湯沢の街。岩山だけあってルート上には鎖場もある。岩場は全体として脆く浮き石状態。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

「バンザーイ!」山頂から望む上越国境稜線。七ツ小屋山(1675m)から蓬峠、谷川連峰へと続く。巻機山から朝日岳、清水峠方面はあいにくのガスの中でした。

広告

Entry filed under: 登山.

ようこそ、沢登り教室へ! 秋のクライミング教室始まる!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 229,771 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。