岩壁と紅葉の山、御前ケ遊窟へ!

2014年10月27日 at 10:02 am コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA10/26(日)、予定の仕事がキャンセルになったので先輩諸氏と御前ケ遊窟(ごぜんがゆうくつ・840m)へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAシジミ沢に入ると10分足らずで明るく開けたスラブが始まる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA上から見ると・・・・。濡れたところは少し滑りやすかった。慎重に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA迫り来る壁。見上げてばかりいると首が痛くなる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA磨かれたスラブ。転がったら止まらないだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA山頂の真下にある「遊窟」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA遊窟から山頂へと続く白い岩壁。ハングの連続。岩は脆くてプロテクションは不可(?!)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA狭い山頂にて。珍しく数パーティが登っていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山口には 「急峻な岩場などが連続する上級者向けの山」と注意を呼びかける看板と登山者名簿のボックスがある。名簿はノートになっており誰でも見ることができる。県外の登山者が多いのに驚いた。登山口7時50分・シジミ沢出合9時15分~30分・山頂11時15分~12時15分・(ソウケエ新道下山)・登山口14時45分。山頂では美味しいコーヒーを飲んで1時間も楽しんだ。帰路、七福(しちふく)温泉で疲れをとって帰った。

 

広告

Entry filed under: 登山.

読図・コンパスの使い方実技講習報告 ボティマシーンへの挑戦!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 230,387 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。