BC・五頭山ヤリハゲ沢

2015年2月4日 at 9:17 am コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA2/3(節分)、昨年3月につづき滑る。正面に見える沢がヤリハゲ沢。 左のピークから5の峰、4の峰、ヤリハゲ沢、そして3の峰とつづく。4の峰直下の壁は雪崩そうな気配(明確な弱層はなかった)がしたので止めた。少し落ち着いたら滑りたい。写真は今板口分岐と扇山分岐のほぼ中間にあるピークから撮ったもの(1/23)。写真がきれる(下)辺りに黒岩滝がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒岩滝。バッチリ見えます。私はこの滝が完全に埋まったところを見たことがない。下流の金山沢へとつづく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA沢から尾根へ登り返して滑る。途中、2度、吹き溜まりに突っ込んで天地がひっくり返る。お蔭様で「愛用のピッケル・ミゾー流星」紛失してしまう。何処で紛失したか?。見つけた方はご連絡ください。シャフト(グリップ付近)に黄色のビニールテープが巻いてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA三の峰コースはこんな様子です。4mほどの積雪です。年末から年始にかけて発生した遭難事故により一躍注目(悪い意味でか?)されるようになったBC。私も気を引き締めてやりたいと思います。天気が悪ければ止めればいいし雪崩そうな斜面には入らなければいいし(とは言え、雪崩の判断は結構難しい・・・経験が大きくものをいう、2度飛ばされたことがあるから)、ビーコン、プルーブ、スコップ持参は当たり前だし、地図・コンパス・GPS持参は当然です。BCは冬(雪)山です。場合によっては事前偵察も必要です。そして、安全や雪崩に関する講習会なども繰り返しやる必要があるでしょう。因みに、ヨーロッパアルプスでは「3の原則」があると聴いております。

広告

Entry filed under: 登山.

雪だるまも休んでいた(?) BC・再び五頭山小倉沢&ヤリハゲ沢へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 243,989 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。