早春の劔岳源次郎尾根へ

2015年5月5日 at 3:42 am コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA5/3の劔岳(2999m)。今年は雪溶けが早く6月初旬のような状況だった。登ったのは標高差約950mの源次郎尾根。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA1峰の肩にて。岩稜帯を右から回り込んで1峰のピークへ。すっかり雪が落ちておりアイゼンでの岩登りはアキレス腱に悪い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA雪の落ちた岩壁帯が続く。上部に先行パーティが見える。足がパンパンになる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAようやく1峰へ。両側がすっぱり切れ落ちたナイフリッジに出る。背後は別山と後立山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA1峰から見た2峰と劔岳。先行するパーティが蟻のように見える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAハイライト!とも言える2峰からの30mのラッペル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA山頂にて。祠が出ている。昨年の同時期は全く雪の下だっだが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA山頂からの八ツ峰と長次郎谷

OLYMPUS DIGITAL CAMERA山頂からの源次郎尾根OLYMPUS DIGITAL CAMERA山頂からの剣沢、立山連峰。一瞬、槍ヶ岳も見えたが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA下山の核心部のひとつであるカニのヨコバイ付近にて。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA下山に使った平蔵谷。やはり劔はいいなぁ!お疲れさまでした。

 

広告

Entry filed under: 登山.

イワウチワに励まされて・・・ 越後御神楽岳・山伏尾根を登る

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 230,387 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。