紅葉とスラブの世界・御前ケ遊窟

2015年11月9日 at 11:25 am コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11/7阿賀町(旧上川村)の御前ケ遊窟(ごぜんがゆうくつ・846m)へ。登山口からすぐの鍬沢の出合

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

杉林を過ぎると赤や黄色の落葉を踏みしめて。少し緊張して歩く場面も多いよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

30分ほどでソウケイ新道(尾根)の出合。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約1時間の鍬沢の右岸の歩きで山頂付近のスラブが見えてくる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間20分でシジミ沢出合着。ここからスラブ帯へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シジミ沢の下部。真ん中やや左の岩峰が山頂。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この辺まではブッシュが多いのですが。フィックスに頼らずスラブをどんどん登る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上部は乾いたスラブ帯。実に気分がいい。真ん中の岩峰が山頂。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落ちたら別世界の山頂。ちょっぴり緊張。360度のパノラマだが、あいにくの曇天。私の背後には雪をいただいた飯豊連峰の雄姿が見えるはずだった。お腹も出ずに頑張っています(笑い)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

往復30分でお隣の井戸小屋山(902m)へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

井戸小屋山頂にある三等三角点

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山に使用したソウケイ新道。岩場の痩せ尾根が連続する道。私の大好きなルートの一つだ。帰路、ゲストは「麒麟山の銘酒」を購入してニコニコだった(笑い)。コースタイム。7時45分登山開始。山頂11時15分。下山開始(井戸小屋山)12時15分。駐車場14時15分。

 

広告

Entry filed under: 登山.

静寂な栂峰へ 霧雨の倉手山へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 229,771 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。