マチガ沢から東南稜へ

2016年5月16日 at 7:45 am コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5/15  厳剛新道の展望台からのマチガ沢。ここからS字カーブ付近に下りる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9時半頃から青空が広がる。四の沢手前から雪渓の状態は悪く(切れている・薄い)ザイルを出すところもある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東南稜の取付。ここからスタート。凹角から右に回り込んだスラブへつづく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1ピッチのフォロー。相変わらず濡れていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2ピッチのスタート。凹角を直上したがヌルヌル。この前後が悪い。いつもそうだが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リッジにでる。天気に恵まれ明るく開放的な雰囲気は最高である。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リッジからみた谷川岳トマの耳。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トマの耳から見た東南稜とオキの耳。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オキの耳は多くの登山者で賑わっていた。記念の一枚。お疲れさまでした。谷川岳ロープウェイの駐車場を出て約7時間でオキの耳へ。

広告

Entry filed under: 登山.

一等三角点の山・鳥屋山へ 初めてのクライミングへようこそ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 244,843 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。