裏妙義・木戸壁右カンテルートへ

2016年12月12日 at 5:16 pm コメントをどうぞ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12/10~11氷の状態が悪いので岩壁クライミング。高度感抜群の4ピッチを登っているところ。傾斜もあり面白い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧国民宿舎裏妙義(跡)から丁須の頭へ30分余りで。奥の木が取り付き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2ピッチの登攀。妙義特有のタドン状のホールドが出てくる。意外と脆く簡単に欠ける。慎重に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェースからカンテへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

草付きランぺを右上して4ピッチを終える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終ピッチは上部岩峰基部へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山は同ルートを懸垂下降する。

広告

Entry filed under: 登山.

初冬の金城山へ 里にも降雪で粟ヶ岳へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


自己紹介

北アルプス、八ケ岳、谷川岳、飯豊連峰をはじめとする越後の山々、会津の山々を中心にハイキング、縦走、沢登り、岩登り、アイスクライミング、山スキーなど、多岐にわたりガイドしています。

コメントはプライバシーの観点から非表示にしています。

アーカイブ

Blog Stats

  • 230,387 hits

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。